派遣として経理で働 派遣として経理で働 派遣として経理で働

image派遣で経理として仕事をする上でのポイントについて

最近の派遣についての状況です。派遣の仕事も多元化しています、絶頂期ほど派遣社員というものをメディアで聞くことも少なくなりましたが、最近でも派遣で働いている方は沢山います。

中でも、企業で働く事務職の人の中には派遣社員の方がたくさん見られます。他にも、経理の資格の簿記などを有している方が会社の経理の担当をしているケースもあります。

経理の仕事に大切なのは、何よりも高精度なことです。処理能力という事で速さも重視される要素の一つではありますが、計算ミスや集計ミスが発生すると、修正に時間をとられて作業速度も落ちてしまいます。経理処理というのは、緻密であり地味といえる作業ではありますが、企業にとってはとても重要な仕事になります。日々の領収書の計算や、会計ソフトへの落とし込み、お得意先への振込の処理、企業によっては自社の経理で給与計算を行う事態も少なくありません。

image

小さな企業であれば、派遣社員に経理を任せている事もありますが、会社のお金に携わる事なのでその立場は非常に重要です。ただ、とても手間がかかる事ではあるので企業によっては外部に任せたり、会計士に委ねたりしている事も多いです。

派遣の経理の強みは、安定した時間と休みで勤務ができる事が大きいです。企業によっては頻繁に残業などが発生する場合や、休日出勤をする場合などありますが、他の仕事の種類と比べると少ないです。

とりわけ派遣の場合は、派遣会社が間に介しているので、企業のコストは正社員を雇うよりは経費は少ないですが、決して安いものではありません。なので、無駄な残業等のコストが発生しにくいという特徴もあります。

他にも正社員と比較した場合待遇の面では差がある事が多いですが、そこは捉え方により違ってきます、正社員の人はその会社に何かあった時一から自分でリスク回避の為の対策をしなければいけませんが、派遣であれば派遣元からまた異なる派遣先を紹介される可能性が高く、リスク分散の観点からは派遣という働き方も立派な選択肢の一つになり得ます。