メイン画像

仕事の転職の理由でも世代ごとに違っています

仕事の転職の理由でも世代ごとに違っています。20代は他によさそうな仕事があったり、残業がいっぱいで休みが少ないなどやりがいや待遇の改善を期待した転職が目立ちます。それが30代となると専門知識を学びたかったりたくさんの経験を得たいな、と思うキャリアアップを望む転職が多いです。40代になると倒産や退職勧告、会社の行く末が心配というようなゆるぎない雇用を求めた転職が目につくようになります。ところで病気を理由にした転職が増加してくるのも40代なのだそうです。

近年はアルバイトや派遣の社員、正社員等と沢山の業務形態がありますね。どれが最もいいとははっきり決められませんが、福利厚生などや社会保険、年金等を比べるならば、正社員が一番安定性のある暮らしが望めるのかもしれませんね。厚生年金をかけているならば、将来に年金の受け取る額が国民年金だけ受給する場合よりも多くなるでしょう。年齢が若いうちはそれほど意識しないことが多いですが、リタイアした後に大きな差が出てしまうかもしれないでしょう。この先転職や就職などを考えているなら、それらを念頭におきながら探した方が良いのではないでしょうか。

昨今の正社員の方法を今までよりフリーにしてやりやすくしていこうとするのが仕事の規制緩和です。この規制緩和によって、長時間働く、非正規雇用の拡大、ワーキングプア(貧困)層が増えると言われます。そして、それまでの雇用の様式がなくなることで、職場での人間関係が悪くなることが懸念されます。労働のセキュリティが保たれなくなるかもと心配する声も聞かれています。規制緩和による低所得や長時間労働でニッポンの経済が経済危機から脱出できないようになってしまうのではと気がかりです。